アンケート調査会社を徹底比較!正しい会社の選び方

【2018年】失敗しないネットアンケートとは?!数あるネットリサーチ企業の中から自分なりに料金や口コミなどをまとめてみました。アンケート調査会社を比較する際の参考にしてください。

コラム

マストバイプロモーション、O2Oプロモーションってなに?

投稿日:2017年2月19日 更新日:

マストバイとかO2Oとかよくわからない系女子

マストバイプロモーションとは

マストバイプロモーションとは英語でmust buy promotionとなり、簡単に言えば購入しなければならない何らかのキャンペーンということになります。

企業が行うプロモーション=販売促進活動には、その商品の購買を必須とはしないキャンペーンと、その商品を購入した人にだけなんらかのインセンティブを与えるキャンペーンとがありますが、マストバイプロモーションとは後者にあたります。

つまり、その商品を購入することが前提です。

このマストバイプロモーションも決して一種類だけのものではなく、その中でもいくつかに分類することが可能です。

  • 購入した人全員に何らかのおまけを付ける
  • 抽選で何らかの商品が当たるようにする
  • 何らかの商品が当たるキャンペーンに応募する機会を与える

と言ったようにいくつかの累計に分類することができ、いずれもその商品の販売を促進する効果が期待できるのはもちろんのこと、ブランドイメージの向上、認知度の向上などを図るようなことも可能です。

一方で、その商品を購入することが前提になっていることから、現時点で全くその商品に興味のない人、その会社やそのブランド、その商品のことを全く知らないような人に対しては効果がいまいち期待できないという側面もあります。

今の時点で全くその商品に興味のない人が、多少のキャンペーンがあったからといって突然その商品を購入するようになることは、例外的な事例、例えば同種の商品を既に数多く購入している人とか、あるいはキャンペーンでもらえるものに余程、興味のある人などを除いてはあまり期待できません。

O2Oプロモーションとは

O2Oプロモーションというのは、online to offlineプロモーションのことです。
ウェブサイトなどオンライン上で販売促進活動を行い、オフラインである実店舗への来店を促すようなキャンペーンのことを指します。

具体例としてはいろいろな方法がありますが、最も一般的な方法が何らかのクーポン券などをウェブ上で発行することで、それを持って実店舗に来店した人に対して特典を付けるというようなものです。

今の時代はオンライン上の店舗がかなり流行りではありますが、それだけでは十分な効果は期待できません。

オンラインとオフラインとがうまく融合して初めてそのブランドの認知度が高まり、大きな効果を上げることが期待できるのです。

マストバイプロモーションとO2Oプロモーションを組み合わせること、組み合わせかたが今後はますます重要になってきそうです。

-コラム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

企業が行うアンケート調査方法の種類と特徴

アンケート調査の目的について 企業が市場調査を目的としてアンケート調査を行う場合があります。 これは市場の傾向に対して正しい理解をすることにより、より効果的な戦略で商品開発や販売を進めていくことができ …

ブラックボックスのドキュメント

定性調査を実施するケース・目的はどんなとき?

定性調査とは 定性調査と呼ばれる調査手法が存在していますが、これは数字で示すことができる定量調査と対応する大きな調査の枠組みの1つです。 定量調査としてよく活用されているのがアンケート調査等です。 定 …

たくさんの数の豆

アンケート調査の有効なモニター数ってどれくらいですか?

マーケティングに有効な手法の一つアンケート調査 新しい事業を展開したり、新商品を開発・販売したりする際、その事前準備として企業の活動に欠かせないのがマーケティングです。 そして、そのマーケティングに極 …

説明する女性

企業がアンケート調査を依頼する際に気をつけるべきこと !

アンケート調査を行う際の注意点まとめ 多くの企業は消費者が自社に対してどのようなイメージを持っているのか、自社商品やサービスに対する感想などを調査するためにアンケート調査をしています。 企業が独自で実 …

決め手は歩兵で王手

アンケート調査で定性調査が有効なのはどんなとき?

客観性の高い分析を行えるアンケート調査 アンケート調査は調査フォーマットの策定が完全にできるのであれば、一定の基準と客観的指標に基づいて観察対象の数量的な把握が可能となり、また得られた調査結果に対して …