アンケート調査会社を徹底比較!正しい会社の選び方

【2018年】失敗しないネットアンケートとは?!数あるネットリサーチ企業の中から自分なりに料金や口コミなどをまとめてみました。アンケート調査会社を比較する際の参考にしてください。

コラム

アンケート調査で定性調査が有効なのはどんなとき?

投稿日:2017年2月18日 更新日:

決め手は歩兵で王手

客観性の高い分析を行えるアンケート調査

アンケート調査は調査フォーマットの策定が完全にできるのであれば、一定の基準と客観的指標に基づいて観察対象の数量的な把握が可能となり、また得られた調査結果に対して多変量解析等を施すことによってより客観性の高い分析を行うことが可能です。
その分クライアントが求める分析要求に応じることが可能となります。

もっとも、そのためにはそうした分析に耐えられるだけのサンプル数を確保することが求めらます。
また、的確な設問を設定し、求める調査課題について的確な回答を導き出すことが求められるため、調査設計の段階でその成否が左右されると言っても過言ではありません。

一方でアンケート調査はあらゆる事象を数値化したうえで集計分析を行うために、どうしても個別事例やユニークな事例が覆い隠されてしまう傾向にあります。

アンケート調査は全体的な傾向を大雑把に把握することはできても、個別具体的な事例のユニークな特徴を把握するには不向きなのです。
定性調査はこうしたアンケート調査の欠点を補う上で極めて有効な調査手法であると言えるでしょう。

定性調査の強みとは

個別事例を深く探索することで、観察対象がどのようにしてその行為を行うことになったのか、観察対象のありようや行動の意味を探り当てることが可能になります。

特にアンケート調査で際立った傾向を示すサンプルを分析する場合、定性調査はその強みを発揮すると言えるでしょう。
定性調査を行うことで、観察対象の全体的傾向に対して立体的な意味解釈が可能となり、より戦略的な視点を提供することが可能となるのです。

もっとも有効性の高い定性調査を行うためには、調査者が求めている課題を対象者から引き出す巧みなインタビュー技術が必要とされます。
そのためにはインタビュー項目をあらかじめ精選し、構造化された質問を構成しておく必要があります。

また回答者がリラックスした状態で回答することができるよう、インタビュー環境を整えることも求められます。

つまり、定性調査は単にインタビューをすればよいというものではなく、構造的な質問群を考え抜きより、的確かつ深い回答を導くための工夫が求められるのです。

これらを回答結果の分析において組み合わせることでそれまでは見えてこなかった課題やテーマが浮き彫りにできることが期待されます。
いずれの調査においてもその方法と分析手法について精通しておくことが、より精度の高い調査を実施するうえで必要となってきます。

定量調査と定性調査の違いについて詳しい説明はコチラ。

-コラム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

説明する女性

企業がアンケート調査を依頼する際に気をつけるべきこと !

アンケート調査を行う際の注意点まとめ 多くの企業は消費者が自社に対してどのようなイメージを持っているのか、自社商品やサービスに対する感想などを調査するためにアンケート調査をしています。 企業が独自で実 …

マストバイプロモーション、O2Oプロモーションってなに?

マストバイプロモーションとは マストバイプロモーションとは英語でmust buy promotionとなり、簡単に言えば購入しなければならない何らかのキャンペーンということになります。 企業が行うプロ …

no image

企業が行うアンケート調査方法の種類と特徴

アンケート調査の目的について 企業が市場調査を目的としてアンケート調査を行う場合があります。 これは市場の傾向に対して正しい理解をすることにより、より効果的な戦略で商品開発や販売を進めていくことができ …

説明する女性

企業がはじめてネットアンケートを利用する場合に気をつけること

リーズナブルかつスピーディーにアンケートが可能 企業が一般消費者の声を集めて、商品開発や改善などに利用するネットアンケートですが、とても使いやすいサービスかと思いきやいろいろな落とし穴があります。 最 …

たくさんの数の豆

アンケート調査の有効なモニター数ってどれくらいですか?

マーケティングに有効な手法の一つアンケート調査 新しい事業を展開したり、新商品を開発・販売したりする際、その事前準備として企業の活動に欠かせないのがマーケティングです。 そして、そのマーケティングに極 …