アンケート調査会社を徹底比較!正しい会社の選び方

【2018年】失敗しないネットアンケートとは?!数あるネットリサーチ企業の中から自分なりに料金や口コミなどをまとめてみました。アンケート調査会社を比較する際の参考にしてください。

コラム

定量調査と定性調査の違いを教えて下さい。

投稿日:2017年2月18日 更新日:

どっちかわからない海外女性

定量調査とは

定量調査とはターゲットになっている人の意識や行動レベルを数値データとして収集して、統計学的に分析する調査方法のことを言います。

定量調査には、以下のものがあります。

  • ネットリサーチ
  • 会場調査
  • ホームユーステスト
  • 郵送調査
  • 街頭調査
  • 来場者調査
  • ファックス調査
  • 電話調査などです。

ネットリサーチはインターネットを利用したアンケート調査で、短期間で実施することができ、予算も低く抑えられます。
回答者の属性が登録されているので、対象者の設定を細かくできます。

会場調査はあらかじめ会場を設定しておき、参加した人に商品や広告についての感想などを聞き取りして、データを収集する方法です。対象者が実際に商品や広告に触れられるのでより具体的な評価を得ることができますし、比較的短時間で一定の量の評価を得ることができます。
テスト品を会場から持ち帰ることができないので、市場に出る前の商品であっても、情報の守秘も保たれます。

ホームユーステストは、一定の期間を設けて実際に使用してもらってからアンケートに答えます。
実際に使用してから回答するので、記憶に頼ることなくリアルな回答が得られます。

来場者調査は、モニター登録した人の中から参加者を募集し、実際に客としてお店に来店した後にインターネットアンケートに答えます。

定量調査を行う目的は、仮説として立てたことを量的に判断したい時、新製品を市場に出す前に、本当に受け入れてもらえる商品なのかを検証したい、大衆の意見を聞きたいなどです。

定性調査とは

定性調査は、ターゲットになっている人の意識や行動レベルについて、意見を中心として情報を収集したい時に行われる調査方法です。

定性調査には以下のものがあります。

  • グループインタビュー
  • デプスインタビュー
  • 家庭訪問による訪問観察調査
  • 行動観察調査
  • ワークショップ

などです。

グループインタビューは対象者を集めて、調査テーマなどについて参加者に自由に発言してもらうので、消費者の生の声を聞けます。

デプスインタビューは対象者との1対1の面談です。

訪問観察調査は調査員が対象者の自宅や職場を訪ねて一人ひとりに調査票を届ける形式のアンケート調査です。

定性調査を行う目的は、製品やサービスにどんな問題点があるのかを検証したい時や、仮説を立てたいと考えている時、コアな利用者層の本音を聞き出したい時、ユーザーの実態や実情を知りたい時、ユーザーに深く聞き取りを行いたい時、本来は定量調査を行いたいものの、出現率が低かったり予算が少ない場合、新たなアイディアを出したいときなどです。

-コラム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

企業が行うアンケート調査方法の種類と特徴

アンケート調査の目的について 企業が市場調査を目的としてアンケート調査を行う場合があります。 これは市場の傾向に対して正しい理解をすることにより、より効果的な戦略で商品開発や販売を進めていくことができ …

たくさんの数の豆

アンケート調査の有効なモニター数ってどれくらいですか?

マーケティングに有効な手法の一つアンケート調査 新しい事業を展開したり、新商品を開発・販売したりする際、その事前準備として企業の活動に欠かせないのがマーケティングです。 そして、そのマーケティングに極 …

no image

普通、アンケート調査を依頼してから結果が出るまでにどれくらいの時間がかかる?

準備期間を入れて半年ぐらい時間はかかる 普通、アンケート調査を依頼したら結果が出るまで最低3ヶ月かかります。 準備期間を入れたら半年くらいかかります。 最初の1ヶ月で依頼した対象者の3分の一が、2ヶ月 …

説明する女性

企業がアンケート調査を依頼する際に気をつけるべきこと !

アンケート調査を行う際の注意点まとめ 多くの企業は消費者が自社に対してどのようなイメージを持っているのか、自社商品やサービスに対する感想などを調査するためにアンケート調査をしています。 企業が独自で実 …

決め手は歩兵で王手

アンケート調査で定性調査が有効なのはどんなとき?

客観性の高い分析を行えるアンケート調査 アンケート調査は調査フォーマットの策定が完全にできるのであれば、一定の基準と客観的指標に基づいて観察対象の数量的な把握が可能となり、また得られた調査結果に対して …